【求人探しに至る理由】保育士におすすめの書籍(その1)

保育士 おすすめ comments(0) - neko-hoikushi

保育士の資格を取得し、保育施設に勤めることが出来ても、そこで終わりではありません。
遊びや日常に必要な情報だけでなく、保育に関わる法律や制度に至るまで、新しい情報を収集することは仕事をする上でとても大切です。
子どもの命を預かるのですから、保育士は新人であってもベテランでも、常に勉強する姿勢を忘れてはいけません。
日々の多忙の中でも、ちょっとの隙間時間を見つけて読んで欲しい、保育士にオススメする書籍をピックアップしました。

 

保育士の本

 

キャリアアップを考えている保育士におすすめ

 

主任保育士・副園長・リーダーに求められる役割と実践的スキル(ミネルヴァ書房)

 

一般的な会社の役割や階級制度とは異なり、保育園は園長・副園長・主任と役職は少ないため、いざ自分が役職に上がったときに他のスタッフへどう接すればいいのか迷う保育士も多いです。
女性が多い職場なので、他の職員とのかかわり方などを実践例と共に解説していますので、分かりやすいです。

 

こんな時に読みたい

3〜4年目の保育士さんで、そろそろ主任や園長へのステップアップを考えているときに、おすすめです。自分に必要なことが理解できると、今後の選択をするときに、明確な理由をもって選べるようになります。


また、後輩が出来た保育士さんも、是非読んで欲しい一冊です。主任や園長がなにを思いながら仕事をしているのか?というのを理解するのにも役立ちます。

 

 

保育方法について学びたい保育士におすすめ

 

伝説の保育士 のりこ先生の魔法の言葉(プレジデント社)

小林典子という名前の、伝説の保育士のお話しです。のりこ先生のどういうところが「伝説」なのか。それはのりこ先生の保育のあり方にありました。
子どもはありのままでいい、受容をする保育とは真逆の発想をされたら、あなたはどう思いますか?
子どもを品格のある子どもへ育てる、そんな信念のもとでのりこ先生は保育を続けました。

 

こんな時に読みたい

保育士をしていると、自分の行っている保育に自信がないように思えてしまう時があります。そんなときには、他の「教育者」とよばれる人たちがどのような保育を掲げて実践しているのか、知識を仕入れると大変参考になるのです。

 

保育士だけでなく、保護者にも読んでもらいたい、そんな目から鱗の、保育とは子育てとは何か。そんな大きな一石を投じる本です。

 

 

障がいについて理解したい保育士におすすめ

 

発達がわかれば子どもが見える(ぎょうせい)
保育実践の目線から書かれた、発達障がい児へのかかわり方を書いた本です。
未就学児にスポットを当て、全身発達・運動発達など発達論的から見たポイントと、生活リズムや遊び、言葉などの保育のポイントに分けて細かく書かれています。

 

こんな時に読みたい
発達障がい児に対する対応に困っている保育士さん必見です。

自分のクラスで発達障がいをもつ子どもを受け持つことになった保育士さんや、受け持ちのクラスにはいないけれど、スキルアップとして知識をつけておきたい保育士さんはぜひ読んでみましょう。

 

 

保育記録がうまくかけない保育士さんにおすすめ

 

記録を書く人 書けない人楽しく書けて保育が変わるシナリオ型記録 (ひとなる書房)
毎日やることだからこそ、きちんと出来ないと困るのが「保育記録」。
様々な事例を元に、どうやって書いたらよいのかを問いかけてくれる一冊。

 

こんな時に読みたい
保育記録を書くのにコツをつかめない新人保育士さんは、一度目を通しておきましょう。

いまさら聞けない中堅やベテラン保育士もこっそり読みたい本です。

 

前向きになるための本

>>>保育の仕事にもっと前向きになれる推薦図書:池上彰の「伝える力」

池上バブルとはいったい何だったのか?

それは池上彰さんの説明が小学生でもわかるように配慮されているからこそ起きた、

よりたくさんの人が【わかる!】と感じた集団シンパシー。私たち保育士にも、おじさまが優しく説明していただけます。

実際に求人探しをしたい時はこちら:保育園の求人を探す

コメント一覧
コメントする