おすすめの内履きはいずこ?

保育士 靴 comments(0) - neko-hoikushi

保育士をしていると必要になるのが「靴」。

なかでも保育士は、内履きと外履きと、2足必要になる保育園が多いです。

 

保育の現場に適している「内履き」とはどんな靴なんでしょうか?

実際に保育を経験した目線で、いろいろなタイプの内履きを比べてみました。

保育士の内履き

 

まず保育園の規定を確認しよう

 

内履きを選ぶ前に、必ず保育園の規定を確認するようにしましょう。

 

中には、「万が一子どもたちの指や足を踏んでしまった時に怪我がひどくなるから、内履きは履かないでください」という保育園もあります。

また、内履きのタイプが指定されている保育園もあります。

 

すでに転職先や実習先の保育園が決まっている場合には、その保育園に確認して、規定はあるのかどうか、今の職員さんはどんな内履きを履いているのか聞くようにしましょう。

面接のときに実際の保育現場を見せてもらい、その時の様子を覚えておくのも良いです。

 

 

内履きにはどんなタイプがあるの?

 

運動靴・スリッポン

保育士の運動靴     保育士のスリッポン出典:curet.jp

保育園によっては、運動靴を内履き用と外履き用と2足用意してください、というところもあるかもしれません。

走ったりしゃがんだりがしやすい、軽くて足にフィットするものを選びましょう。

 

また、子どもたちの安全を考えて、できるだけ底がうすくてやわらかいものを選ぶようにしましょう。

紐靴タイプの運動靴は、脱ぎ着に手間取ったり紐が解けたりすると危ないので、避けるのがベターです。

その点スリッポンは着脱しやすく履きやすいのがGOOD。しかし保育園によっては、スリッポンNGのところもあるので、事前に確認しましょう。

 

指定がない限りは、運動靴でなく教育シューズやバレエシューズをおすすめします。

 

教育シューズ

保育士の教育シューズ出典:教育パワーシューズ

特に内履きのタイプに指定がないのであれば、一番おすすめなのがこちらの教育シューズです。

 

底が柔らかく、立ち座りでも邪魔にならず、子どもに対しても安全です。

滑り止めもついているので、室内で走り回っても大丈夫ですし、着脱も楽です。

足の甲が出ていないので、液体をこぼしてしまっても足がよごれません。

 

意外と便利なのが、靴下があまりみえない形なので靴下の色柄に気を使う必要がありません。

そして、バレエシューズよりも横幅がゆったりしているので、靴ずれの心配もないというすぐれものです。

 

 

バレエシューズ

保育士のバレエシューズ出典:ケイヨーD2

小学校の上履きでもメジャーなのがこちらのバレエシューズ。

教育シューズと同じように、動きやすくおすすめのシューズです。

 

個人的な感想ですが、若干横幅がせまいので、足の形によっては窮屈に感じることもあります。

また、真っ白なので汚れやすく、ちょっと履いただけで汚れが目立ってしまうのも悩みどころ。

 

運動のしやすさについては、ナースサンダルなどよりはかなり動きやすいですが、もともと走り回る用の靴ではないので足にフィットする感じはなく、教育シューズには劣ります。

 

ナースサンダル

保育士のナースサンダル出典:mery.jp

通気性がよく履きやすいのがナースサンダル。

乳児保育などではよく使われます。

しかし、3歳児以上のクラスではあまり使われません。走り回る子どもたちを追いかけるのにはあまり向いていないからです。

運動することがない月齢のクラスや、補助で事務系の作業しかしない、ということであればナースサンダルもおすすめです。

 

【スキルアップは良い求人に繋がる】おすすめの保育雑誌はいずこ?(3選)

保育 雑誌 comments(0) - neko-hoikushi

前回は、保育雑誌の内容やメリットについてご紹介しました。

 

今回は、実際に私がつかってみてよかった保育雑誌を3つご紹介します。

保育雑誌

 

「保育の友」

 

全国社会福祉協議会はご存知ですか?
社会福祉を目的としている保育園のほとんどがこの協議会に参加している機関なのです。

その全国福士協議会が毎月発刊してくれている保育専門誌が「保育の友」になります。


中身は一体どんなことが書かれているのかというと、子どもの発達段階に応じた保育内容が載っています。

 

それに則した地域性豊かな実践や指導計画におけるカリキュラムを掲載してくれています。
とても保育の専門性に富んでいて、この雑誌があれば書類も書きやすくなることでしょう。

 

他にも、季節ごとに出てくる保育での困りごとに対する対策や、発達障害児とどういった関わり方をしていくのか?ということを教えてくれます。


専門性は他の雑誌に比べてとても高く、あなたの保育での困りにきっとヒントをくれることでしょう。

読みごたえも十分にありますので、どんな保育士さんが読んでもためになります。

 

「幼児と保育」

 

小学館発刊の保育雑誌になります。
年6回発刊されているので、内容も濃いものになっています。

 

中身は保育士の立場ばかりからではなく、子どもや保育者、家庭、などといった多面的な考え方を教えてくれます。

まずは保育をする環境作りについても保育とは何か?ということを伝えてくれるのです。


保育をより充実させるためのアイデアが豊富に掲載されていて、保育士にとっての学習用雑誌としても大いに役に立ちます。

環境の中にはデザインなども入っており、保育室に飾るデザインの提案などもしてくれます。
他の雑誌とは一味違った壁面制作に取り組むことができるかもしれませんね。

 

他にも、ゲームや歌などについても書かれているので、普段の保育にも役立ちます。
「保育の友」に比べると専門性が薄いので、誰でも手にとりやすい雑誌になっています。

 

 

「ちいさいなかま」

 

発刊しているのは、全国保育団体連絡会になっています。
毎月発刊されていますが、一冊の値段が400円程度になっているので、手に取りやすく、読みやすい雑誌になっています。

雑誌の歴史は深く、30年以上愛読しているという人もいる雑誌です。


子育てや保育のことを、深く書いていて、保育者と保育士さんたちを結びつけるための雑誌です。

こう書くと、保護者向けの雑誌に見えますが、保護者の立場に立ってみることで、問題が解決することもあります。


毎月のテーマが大きく決まっていて、自分の興味がある雑誌だけを読めばその事について深く知れるというのもいいですね。

 

他にも、連載形式で毎月掲載されている記事もあり、絵本や発達障害などへの取り組みを分かりやすく書いてくれています。

 

保護者も読む雑誌ですので、専門的な表現はほとんどなく、とても分かりやすいんですね。
でも、その分、保育士にしてみると、もう少し専門的なところを知りたいと思ってしまうかもしれません。

 

 

雑誌を選んでスキルアップ!

 

いかがでしたか?


専門的な知識を求めようとすると、こういった雑誌が必要になってきます。

雑誌によっても特徴があり、いろいろ読み比べて自分が使いやすいものを選ぶことが重要です。

 

保育士のキャリアのパートナーともいえるような素敵な雑誌がみつかると良いですね。

 

【求人情報も載ってる】保育雑誌を読んだことがない保育士は

保育 雑誌 comments(0) - neko-hoikushi

保育士に向けた雑誌があるのをご存知ですか?


専門性に富んでいて、毎月発刊されるので、最新の保育情報を手に入れられる雑誌なのです。

昔は、保育の内容に困ったら保育雑誌を読みなさいと言われ、保育園でも定期購読しているところが多かったのですが、最近はインターネットから情報を得る人も多くなり、保育雑誌を読んだことないという保育士もいるようです。

 

読んでみると、いろいろな情報があふれていてその便利さに気づく、という保育士さんも多いので、わたしはこの保育雑誌というのをおすすめしています。

しかし、その数はたくさんあり、一体どの雑誌を定期購読すればいいのか悩みますよね。


そこで今回は、総合的に見て、保育士にとても役に立つ情報を載せてくれている雑誌をご紹介します。

保育雑誌

 

大体雑誌には何が載ってるの?

 

保育士向けの雑誌と言ってもそれぞれの雑誌には特徴があり、自分が何を知りたいのかということで、読みたい雑誌は変わってきます。


大体、大きく分類してみると

 

・制作に関するアイデアに特化したもの
・遊びの提案をしてくれるもの
・書類の書き方を教えてくれるもの
・最新の保育情報を伝えてくれるもの

 

になっています。


どの雑誌も、保育業界に精通している会社が出版していますので、読んで役に立たないということはありません。

しかし、あなたがベテランの保育士だったりすると、制作のアイデアばかりを載せている保育雑誌と言うのは利用しにくいかもしれませんね。


まずはその雑誌の特徴を掴んで、何を知りたいのか?というのを考えるのが第一です。

 

制作に関するものが多く載っている雑誌として代表的なのは、「ピコロ」や「ラポム」「プリプリ」と言ったところが有名です。


遊びの提案をしてくれるものは「保育のひろば」や「あそびと環境」。

 

書類に関するものは「保育のカリキュラム」など。


最新の保育情報を知りたいと思うのなら、「保育の友」や「幼児と保育」でしょう。

 

中でも今回は、保育の情報をしっかりと載せてくれている雑誌について詳しく見ていきましょう。

 

 

(次回)保育情報を知りたいのならこの雑誌!

 

数ある保育雑誌の中でも、きちんと情報を正確に伝えてくれる雑誌が必要な時があります。


少し前には児童福祉法が変わり、それに伴い、書類などの書き方も大幅に変更されました。

 

書き方について知ることも必要ですが、内容に何を書けばいいのか?というのを知っておくことも必要なことになってきます。


そこにはやはり現場の保育士の声が反映されているということが、必要です。

 

また雑誌を真剣に作っているのか?ということも見極めなくてはいけません。
そこで次回は、実際にわたしがお勧めしたい雑誌たちをご紹介します!

【有利な求人に出会える?】保育士のスキルアップに役立つサイトはいずこ?(その2)

保育士 サイト comments(0) - neko-hoikushi

前回は、わたしが保育園の業務中に実際に使っているサイトとして、

・ほいくる

・保育の引き出し

・保育総合サイト

をご紹介しました。

 

実はまだまだ保育士が使える便利サイトはたくさん!

 

まとめてご紹介しますので、ぜひつかってみてください。これだけあれば、もうネタにこまるなんてことはありません。

むしろ毎月「これもいいけどこれも迷うな〜」という状態です。

保育士のサイト

 

保育CAN

 

 

保育士向けの情報雑誌「ピコロ」を発行している学研の保育士向けサイトです。ピコロの記事が載っているので、試し読み感覚で見ることが出来ます。早速取り入れてみたくなる季節ごとのアイデアが満載です。


ほかには学研が主催の講習会も充実。座学や参加型といったタイプの講習会も多く開催していますから、スキルアップのために色々な講習会へ参加してみるのもオススメです。


学研のサイトで保育士向けの物品などの購入も出来ますので、気に入ったアイデアがあったら用具も一緒に購入するのもスムーズに準備が出来てよいですよ。


サイト:http://www.hoikucan.jp/

 

 

Hoick(ホイック)

 

一般的な保育サイトとは少々異なった目線を持っているのがHoickです。何が違うのかというと、サイトで紹介している情報が保育に特化した本や絵本、音楽に関係したものなのです。


保育関連で人気の本や音楽をランキングで紹介しています。またイベントに合わせた楽曲の紹介もしています。音楽会・運動会・クリスマス会など何かとイベントごとが多いと音楽の選曲に頭を悩ませることありませんか。そんな悩みを解決してくれる便利なサイトとなっています。


サイト:https://hoick.jp/

 

 

ほいくらいふ


提案型サイトが多い中で、ほいくらいふはテーマを提案・アイデアを発案・投稿が出来るサイトです。実際に保育に取り入れられた実案を見ることが出来ますから、自分の園やクラスでも実践が可能なのか精査しやすいサイトです。


ほいくらいふでは日本ではまだ馴染みの薄い「ベビーシッター」についても特集を組んで紹介しています。民間のベビーシッター紹介サイトについても掲載がありますから興味ある方はそちらも閲覧してみて下さい。


サイト:https://hoiku-me.com/

 

 

PriPricafe(プリプリカフェ)


保育士・幼稚園教諭向け雑誌PriPriが運営するwebメディアです。保育に役立つ情報だけでなく、cafeの名の通りほっと出来る読み物も多く掲載されています。


トップページにある「今日のなぞなぞ」は子どもたちが飛びつく問題が日替わりで紹介されていますから、毎日チェックをして保育の前に問題を出してみるのもいいですよ。


季節向けの制作は、イベントごとにチェックするのがオススメ。ついつい毎回同じものになってしまうとお悩みを持つ保育士には強い味方です。


サイト:http://www.pripricafe.jp/

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。サイトによっても様々な趣向がある保育サイトです。自分の求めるものや、ほしい情報によってサイトを使い分けるのがオススメですよ。ぜひ保育のアイデアの参考にして下さいね。

 

保育士に適したエプロンを選ぶコツは

保育士 エプロン comments(0) - neko-hoikushi

前回は、保育士さんが每日つかうエプロンの役割についてご紹介しました。

 

小さい頃からお母さんにだっこされてきた子どもにとっては、保育士さんのエプロンは安心できるものなんですよね。

そのほかにも遊びにつかえたりなど、幅広い用途を持っています。

 

では、どんなエプロンを選べばよいのでしょうか?

スーパーでも、デパートでも、雑貨屋さんでも、様々なデザインのエプロンがおいてあります。

おしゃれなものや子どもが好きそうなキャラものなど、たくさんのバリエーションがありますよね。

 

その中から、保育士にぴったりのエプロンを見つけるコツをご紹介します。

保育士に適したエプロン

 

どんなエプロンを選べばいいのか
保育士によっては、何十枚とエプロンを所持している人も少なくありません。また買い物に出かけるとついエプロンを買ってしまうなんて人もいますよね。


エプロンは1日2〜4枚、毎日洗濯するとして一週間分はカバーできる枚数を持っていると安心ですよね。
購入の際は体に合ったサイズをきちんと選んでいますか?大きいと肩紐がずれてしまい、そのたびに直していては保育に影響が出たり、見た目もあまりよくありません。


ポケットは大きいものがついていると何かと便利ですよね。ポケットの底に当て布をして補強しておくと、ボールペンなどで傷をつける心配がなく長く使えて安心ですよ。


かわいいイラスト入りのエプロンは子どもたちにも人気ですよね。ですが、園によってはイラストそのものがダメというところもありますので、必ず園の方針に沿ったものを選びましょう。
一時的な人気のキャラクターも人気ですが、仕事着として長く愛用するには流行りが関係ないキャラクターを選ぶのが良いですね。

 

エプロンのあれこれ
公立の保育園などではスモック型のエプロンを採用しているところが多いですね。またベテラン保育士だとスモック型を所持している率が高いです。

若手、または私立の園などではH型やX型のごく一般的なエプロンが多く、エプロンは基本的には個人で用意するものとなっています。

また、保育園によっては、エプロンの着用はあえてしないという規則がある場合もあります。

 

就職するときなど、園の様子がわからない場合、「みなさんどんなエプロンをされてますか?」という質問を事前にして、その保育園に沿った適切なエプロンを用意するようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。保育士にとってエプロンはとても身近な仕事上の道具ですが、紐を解いてみるととても奥が深いものです。明日からの勤務では、いつも当たり前に使っているエプロンにも気を配りながら保育をしてみて下さい。きっとエプロンが持つ魅力を再確認できますよ。